相対論的量子場 (改訂版)

−演算子の基礎的性質−

日置 善郎 著

ホーム
出版
古書

         目   次

   
  1. 相対論的量子力学
  2. 相対論的場の理論の基礎
  3. スカラー場の理論
  4. ディラック場の理論
  5. ベクトル場の理論
  6. 付録






 場の量子論は,素粒子物理学や物性物理学に現れる諸現象を精密に記述できる基礎理論体系である.その中で「波動場を量子化すれば粒子像が生まれる」という重要な事実を表す生成消滅演算子は,フォック空間という量子状態の舞台の基本的構成要素であり,素粒子反応の摂動計算などにおいても中心的な役割を担う,言わば,場の量子論の一つの象徴である.

 本書・初版の目的は,学部3・4年次から大学院修士課程レベルの読者を対象に,量子力学の相対論化から説き起こし,場の正準量子化,相対論的量子場−主として自由場−の基本的性質やファインマン伝播関数などそこに深く関係する基礎概念・事項を詳述することであった.とりわけ,生成消滅演算子の機能を様々な角度から解説することに力点が置かれ,このために,扱う項目は通常のテキストに比べ少々限定的にはなったものの,それだけに説明は詳しく丁寧であった.
 
 今回の改訂においても,本書が目指すところは全く変わっていない.その上で「より明確に・より理解しやすく」という観点から全体に亙る再点検が施され,初学者への一層の助けとなるよう,新たに幾つかの解説項目−「場の量子化条件のローレンツ不変性」,「変分法に関する基本事項」および「有質量ベクトル場のプロカ形式による量子化」−も加えられた.これにより,本改訂版は,相対論的場の量子論の基礎を固めたい読者にとって初版以上に貴重な指導書となるものと期待される.


  


ISBN 978-4-8427-0370-1

定価 (本体2,800円+税)